カード

SPONSORED LINK

【nanaco】と【クレカ】の合わせ技でお得に納税してみました

投稿日:2017-05-14 更新日:

5月になって車税を払う季節が今年もやってまいりました(=_=)

税金が高くなる一方の日本において、支払金額を少しでも安くしたいと思うのは当たり前のことですよね

今回はnanacoとクレジットカードの合わせ技で少しでもお得に納税する方法を実践したので、その方法をご紹介します

準備するもの

nanacoカードチャージするためのクレジットカードを準備してください

nanacoカード

通常は発行手数料が300円(税込)必要です

 

※ただし発行手数料を無料にする方法があります

イトーヨーカドー

8、18、28の8のつく日にイトーヨーカドーで発行してもらうと発行手数料300円が無料になります

・クロネコメンバーズ

【公式サイト】クロネコメンバーズ

ヤマト運輸が提供しているサービス【クロネコメンバーズカード】に登録すると、電子マネーの選択時に無料でnanacoの選択が可能です。

よくネット通販、フリマ、オークションなどでヤマト宅急便をよく利用する方はこのカードを契約しておくとヤマトのポイントも発送・受け取り時に貯まるのでお得度が2倍です!

 

クレジットカード

nanacoにクレジットカードでチャージすることでクレジットカード会社のポイントが貯まります。

ただしどのクレジットカードでもいいわけではないので、これから紹介するクレジットカードを利用してください。

 

下記が年会費無料でnanacoにチャージした際ポイントが貯まるクレジットカードです。

※クレジットカードのブランドはJCBブランド限定なので注意してください

(カードブランドがVisa、Mastercardではポイントはつきません)

Yahoo!JAPANカード

【公式サイト】Yahoo! JAPANカード

・年会費無料

・ご利用分につき1%のTポイント還元

楽天カード

【公式サイト】楽天カード

・年会費無料

・ご利用につき1%の楽天ポイント還元

リクルートカード

【公式サイト】リクルートカード

・年会費無料

・ご利用につき1.2%のリクルートポイント還元

デメリット・メリット

デメリット

・将来チャージしたときのポイントがつかなくなるかもしれない

(実際に以前ポイント対象となっていた楽天デビットカードは対象外になっています)

・1枚のnanacoにつき10万円までしかチャージできないので、10万円以上の額を支払うときは複数枚のカードとクレジットカードが必要になる

(1枚のクレジットカードにつき1枚のnanacoカードしか紐づけできません。)

メリット

・支払いの際クレジットカード単体ではポイントがつかなくても、nanacoにチャージすることでクレジットカードのポイントを取得することができる

使ってみて

セブンイレブンで納めることのできる税金や支払いであれば、この方法でポイントがすべてつくのですごくお得でした。

 

例えば年間10万円の支払いがあるとしたら

10万円の1% ⇒ 1,000円(還元率1.2%のカードなら1,200円)

も還元してもらえます

 

小さい額と思われるかもしれませんが、支払額が多くなれば多くなるほど後々ボディーブローのように差が大きくなってくるので、この方法が使える今のうちにnanacoとクレジットカードを所持しておくと便利ですよ(^^♪


SPONSORED LINK

-カード

執筆者:

関連記事

クレカ決済で売上アップ!?Airペイの導入で外国人観光客の心を掴もう

目次1 外国人観光客はクレジットカード払いを望んでいる?2 クレジットカード決済を導入するなら早いほうが売り上げを伸ばすチャンスになるかもしれない3 クレジットカード決済の有無で売上の機会損失の可能性 …

Google playでのアプリ購入方法を考えてみた

nova liteを購入してから欲しい有料アプリが出てきたので、今回はGoogle Playでどのように購入すれば安全かを考えてみました 目次1 購入方法2 プリペイドカードとは2.1 デメリット2. …

クレジットカード比較 【高還元年会費無料カード】

今回は、 ・楽天カード ・Yahoo! JAPANカード ・Orico Card THE POINT のいずれも年会費無料で基本還元率1%の3枚のカードを比較していきます。 目次1 楽天カード2 Ya …

アドセンス

SPONSORED LINK

wpp記事タイトル


最近よく読まれている記事
error: Content is protected !!