FX

SPONSORED LINK

【DMM FX】キャンペーン攻略難易度と利用した感想 ※2018年6月更新版

投稿日:2017-04-16 更新日:

第2回はDMM FXの比較&紹介をしていきます

サービスの特徴

・取引通貨数は10,000通貨から

・1回の注文数量の上限は100Lot(100万通貨)

・建玉数の上限は、注文中の新規注文件数と合算して最大3,000件まで

・全通貨ペアの建玉限度数量(Lot)は合計10,000Lotまで
(ZAR/JPYについては、実際の取引数量の10分の1として計算)

注目キャンペーン ※更新日時現在

口座開設キャッシュバック(2万円)

2/1(木)以降に口座開設を完了+口座開設完了日から3か月以内に新規お取引500Lot以上で『20,000円』をキャッシュバック!

 

新規取引500lotなので、決済時は数量にカウントされないので注意してください。

その他のキャンペーン

・取引応援ポイントサービス

口座開設キャンペーンの考察

難度

難度・・・★★★★☆

DMM FXの場合、キャッシュバックを獲得しようとすると500lot新規取引を行う必要があります。

エントリー後すぐにポジションを閉じたとしても1回の取引で-30円なので、それを掛ける500回として計算すると、-15,000円となります。その為慣れていない方は、実質5,000円のキャッシュバックだと考えておいたほうがいいと思います。

一カ月あたり約166回の取引が必要なので初心者の方にはやや難易度が高いと思われるので、難度を星4つとしました。

挑戦結果(2017年挑戦)

始めから2万円キャッシュバックを狙って取引をスマホのみに絞りました。条件の一つに10万円入金とあったので、まずは入金をし取引通貨はスプレッドの狭いドル円で挑戦。期間は3カ月以内とあったのですが、早めに条件達成したかったので1カ月と期間を決め一度の取引には2lot(20,000通貨)としたました。

はじめは調子よくて+1万5千円までいっていたのですが、一度大きく失敗してしまい-1万円まで損失が膨らみました。その為2lotの保証金額に足りなくなってしまったので、2万円追加で入金し再度挑戦。その結果500lot達成時には+210円で終えることができました。

結果としては+2万円まるまるキャッシュバックは頂けたのですが、FX修行中の身としては500lotとなるとやはり少しきつかったです。

DMM FXのデメリット・メリット

デメリット

・重要指標発表後はほんの少しの時間だが値の更新が完全に止まる

・1万通貨からしか取引出来ない

メリット

・ドル円スプレッド0.3銭と最狭水準

・スプレッドが広くなることが少なく、エントリーし易い

・アプリがグラフィカルで使い易い

・取引回数によってポイントが貯まり、一定数に達するとお金としてキャッシュバックしてくれる

・問い合わせをしたかったら、LINEで気軽に尋ねることができる

まとめ

CMでもよく見かけるDMM FXは、知名度も高いしLINEでの質問に対する返答も早いので初めて取引を開始するという人にも安心して契約できる会社ではないかと思います。

 

※FXは利益だけでなく損失の可能性もありますので、十分計画を立てて取引を行って下さい


SPONSORED LINK

-FX
-

執筆者:

関連記事

【2017年10月30日】本日のドル円・ポンド円の戦略

2017年10月30日のドル円・ポンド円の戦略を記載していきます。   目次1 ドル円1.1 ドル円時間足1.2 ドル円戦略2 ポンド円2.1 ポンド円時間足2.2 ポンド円戦略 ドル円 ド …

【2018年6月1日】本日のドル円・ポンド円の戦略

2018年月日のドル円・ポンド円の戦略を記載していきたいと思います。 ドル円戦略 本日はレンジを108.30~109.50とみなして取引を行っていきたいと考えております。   まずは108. …

【2018年2月20日】本日のドル円・ポンド円の戦略

2018年2月20日のドル円・ポンド円の戦略を記載していきたいと思います。 ドル円戦略 本日はレンジを106.10~106.90とみなして取引を行っていきたいと考えております。 まずは106.50近辺 …

【2017年8月16日】ドル円・ポンド円の本日の戦略

2017年8月16日のドル円・ポンド円の戦略を記載して参ります。   目次1 前日相場を振り返って2 ドル円2.1 ドル円日足2.2 ドル円時間足2.3 ドル円戦略3 ポンド円3.1 ポンド …

【2017年12月1日】本日のドル円・ポンド円の戦略

2017年12月1日のドル円・ポンド円の戦略を記載していきます。   ドル円戦略   本日はレンジを112.20~113.10とみなして取引を行っていきたいとかんがえております。 …

アドセンス

SPONSORED LINK

wpp記事タイトル


最近よく読まれている記事
error: Content is protected !!