タブ・PC

SPONSORED LINK

【Celeron G3930T】で仮想通貨のPOS専用パソコンを組み立ててみました

投稿日:

低スペックPCでもXPのPOS(ビットコインでいうところのマイニングみたいなもの)が出来ると聞いたので、POS専用に省電力&コンパクトなパソコンを今回組み立てて消費電力を計ってみました。

構成

【CPU】Celeron G3930T

【CPUファン】CC-01

【ケース】RAIJINTEK METIS

【電源】 FSP300-60GHS

【メモリ】Kingston KVR24N17S6/4

【HDD】 MQ01ABF050 500GB

【OS】Windows10 HOME

 

※CeleronのT付モデル(省電力版)はCPU単体では販売していないみたいなので、マザーボード+CPU(G3930T)という組み合わせで購入しました。

この構成で仮想通貨XPのPOSはできるのか?

XPウォレットの起動の有無

問題なく起動しました(POS含む)。

起動時間

ウォレットの起動におよそ15分ぐらいかかるという結果になりました。

 

※メインPC(Haswell Core i3/メモリ 8G/SSD)では1~2分で起動

ついでにPOS通貨のウォレット同時起動が出来るか試しみました

利用した通貨

・XP(eXperience Points)

・Sprouts(通称もやし)

結果

同時起動可能

 

ただし、この構成では同時に立ち上げてしまうと起動時間が大幅にかかったので(30分ぐらい)、完全に一つのウォレットが立ち上がって別のウォレットを起動した方が結果的に早いと思います。

消費電力

起動時 25~28W
アイドル時 19W
ブラウザ起動時 21W
仮想通貨XPウォレット起動 20W ⇒ 19W
仮想通貨Sproutsウォレット起動 20W ⇒ 19W
XP、Sproutsウォレット同時起動 21W ⇒ 19W

※ワットチェッカーで計測

 

POSマイニング時はモニタが必要がないので、計測した結果ほぼ20Wの消費電力で使用できるという結果になりました。(1時間大体0.041円ぐらいなので、24時間1カ月起動しても電気代およそ300円)

通常使用するとしても、モニタ入れて50Wいかないことに驚き。。。

まとめ

低スペックのパソコンでもPOSはできるということでやはり問題ないようです。しかしメモリの消費はそれなりにあるので、2G以下のパソコンだと厳しんじゃないかなと思います。

 

関連記事


SPONSORED LINK

-タブ・PC
-,

執筆者:

関連記事

IOのNAS「HDL2-AAシリーズ」を使ってみました【購入レビュー】

今回はIOが発売しているHDL2-AAシリーズを購入して半年ぐらい運用したので、そのレビューを行ってみたいと思います。 目次1 NASがあると何が便利か?2 HDL2-AAシリーズを購入した理由3 R …

Lenovo(G560)のHDDを交換してみた

ブログ用に使っているサブPCのG560があまりにもモッサリしていたので、買換えるかどうか検討しておりました。 ただ本当にwordpressの投稿や編集のみの使用なので、お金がもったいないなぁと考えてい …

ADBコマンドを簡単に使えるようにする方法

ADBの簡単な説明と導入する手順を今回はご説明します。 目次1 ADBとは2 ADB導入手順3 確認方法 ADBとは ADBとは「Android Debug Bridge」の略でパソコンからAndro …

容量32GB以下のパソコン(Asus E200H)へCreators Updateをインストールする方法

低容量のWindows10パソコンやタブレットを所持していて、最も困る問題は大型アップデートです。容量32GBのPCだと初期の状態でも空き容量が10GB以下ということも結構あるので(自分の場合は4GB …

ネットブックASUS R206Sを購入後SSDに換装しました【レビュー】

外出時にブログの更新や作業をしたくなることがあったので、今回奮発して!?ネットブック【R206S】を購入しました。 ↑奮発と書いている理由はコチラでわかると思います(-_-;)  CHOBI …

アドセンス

SPONSORED LINK

wpp記事タイトル


最近よく読まれている記事
error: Content is protected !!