sponsored link

海外ドラマ【the 100(ワンハンドレッド)】のあらすじや感想をざっとまとめてみました

Netflixを見ていて【the 100】という海外ドラマが結構おもしろかったので、今回は感想や見どころをご紹介したいと思います。

【the 100】とは

ある計画の為、97年前に核兵器により生物が住めない世界となってしまった地球へ未成年犯罪者100名が強制的に送られることになった。その100名が地上に降り立ち生き抜いていく様を描いた海外SFドラマ。

 

あらすじ

シーズン1

地上に降り立った100人(後に空の民と呼ばれる)が生き残る為に仲間同士で問題を起こしつつも必死に生活していく中、「グラウンダー」と呼ばれる核兵器で荒廃してしまった地球で独自に進化を遂げ、生き残っていた人間と次第に争っていくことになっていってしまう。

シーズン2

シーズン1の終わりに謎の人間たちに捕らえられた仲間たち。目を覚ましたクラークが見た人間はグラウンダーたちとは異なる「マウンテンマン」と呼ばれる人間だった。

彼らはある問題を抱えており、それを解決するためにグラウンダーやクラーク達「空の民」を捕らえていると判明していく。

シーズン3

シーズン2で姿を消したクラークが、グラウンダーの総帥の元へ捕虜として連行される。そこで空の民の現状を知り、事態を収拾しようと奔走する。しかし空の民の仲間たちとは意見がうまく合わず、事態はどんどん悪い方向へと進み始めることとなる。

シーズン4

クラーク達は協力して人類全体が滅亡回避することのできる方法を模索し始める。しかしグラウンダーの首都や空の民のベースキャンプ地で騒動が勃発し、解決策を見つけることが出来ないまま滅亡へのタイムリミットが迫る。

視聴することのできる動画配信サービス会社

Netflix

感想

生き残るために最善の判断を下しているにも関わらず、裏切りが出たり意見が一致しなかったりするせいで、毎回シビアな状況に追い込まれるといった海外ドラマ「24」にちょっと似ているような気もするドラマでした。(もちろん内容や設定は全然違います。)

内容も面白いのですが、主人公クラークの恋愛遍歴もなかなか面白いのでまだ見ていない人は注目してみて下さい。

 

ちなみにシーズン5も制作決定しているようなので、次回シーズンもかなり楽しみにしております(^^♪

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました