レコードプレーヤー【AT-PL300BK】を購入したのでレビューしてみました

掃除していたら家で眠っていたレコードを発見。

アナログが密かに人気になっているみたいだし、

この機会にどんなものか聴いてみたいなと思ってレコードプレーヤーの機種選定開始。

 

購入条件は下記5点 ← ちょっと条件が多いですかね(-_-;)

・1万円前後

・フォノイコライザー付き

・音質がそこそこいい

・ダストカバー

・オート再生機能がついている

更にレビューや雑誌を参考に絞り込んだ結果、

オーディオテクニカの「AT-PL300というレコーダーを購入することにしました。

似たような価格帯の商品と比較してAT-PL300を購入した理由

・手持ちのスピーカーを使用したかった(内蔵スピーカーは必要ない)

・音楽の取り込み機能はいらない(レコード枚数がそんなにないし、レコードの状態があまりよくないので取り込んでデジタル音源にした場合ノイズの方が気になりそうだった)

・低価格だけども音質に定評がある

・再生後にトーンアームが元の位置に戻る ← 再生が終わる度にアームを上げるのが面倒なので、、、

外観

本体

背面

PHONO・LINE切替の利用法

・フォノイコライザー機能付アンプに接続するならばPHONOに

・フォノイコライザー機能がない場合はLINEに

切替えをします。

AT-PL300を使用してみた感想

セットアップ

レコーダーを今まで使用したことがなかったので、始めはセットアップするのは難しいかなと思っていました。実際セットアップしてみると金具にゴムを引っかけてターンテーブルの上に円状のゴムを載せるだけで簡単にセットアップ完了しました。

音質に関して

値段の割にきちんと低音から高音まで表現してくれます。

ターンテーブルの回るスピードも安定しており(ムラがない)、曲のテンポが乱れるといったこともなかったです。ただ曲によっては再生速度が若干早いと感じるレコードもあり価格なりの部分もあるのでその辺は理解したうえで購入されるのがいいです。

CDと音質を比較

CDとの比較の為同じ音楽を再生して聴き比べてみたのですが、全体的にレコードの方が柔らかい音を出してくれる感じがしました(特に高音)。

もちろんレコード特有のプチプチといったノイズも全く邪魔にならないというと嘘になりますが、ある程度のノイズなら(レコード状態が最悪なら分かりませんが)心地よく聞こえてくるのでなんとも不思議な感じがします。

AT-PL300(レコードプレーヤー)を利用する上でのデメリット

・レコードの保存状態に気を使わなければならない(ノイズの原因になる為)

・場所をとる(レコード自体が大きいのでこれは仕方ない)

・針を定期的に替えなければいけない(400時間を目安に交換)

専用針は思っていたより安く売られていました↓

audio-technica レコードプレーヤー 交換針 ATN3600L ホワイト
Audio Technica(オーディオテクニカ)
アナログレコードプレーヤー AT-LP60X / AT-LP60XBT / AT-PL300 / AT-PL30用交換針

1万円前後の入門機で他にお勧めのレコードプレーヤー3選

悩んだ結果自分の選定からは漏れましたが、他にも入門用に良さそうなレコーダーがあったのでタイプ別に3機種ご紹介していきます。

プレーヤーを持ち運びたい方には

D&L SOUL レコードプレーヤー スーツケース型 木目 レトロ ターンテーブル 3スピード スピーカー内蔵 USB端子 多機能 MMCプラグ 3.5mm ヘッドホン RCA出力 軽量 ポータブル (ブラウン)
D&L SOUL
【3-IN-1 ターンテーブル】33-1/3、45、78回転に対応します。7、10、12インチのレコードが再生できます。45RPMアダプターが付属していますから、別購入必要がないです。

アタッシュケースのようなレコードプレーヤーで、スピーカーとバッテリーが内蔵されています。

ケース状にしておくと場所をとらず片づけやすいので、家でたまにレコードを聴きたいなという人にはとても便利な商品。

またケース型なので気軽に持ち運べるのも利点。友達の家や野外に持ち込めば、レコードの音を他の人と一緒に楽しむこともできます。

別途スピーカーをつなぐのが面倒だという方には

ION Audio Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵
ION Audio(アイオンオーディオ)
ステレオスピーカー搭載のオールインワンUSBレコードプレーヤー

スピーカーが内蔵されており気軽に聴取可能。

更にUSB端子もついているので、レコードの音源をPC(パソコン)に保存したいなと思ったとき簡単に録音できるのもGOOD。

手持ちのBluetoothスピーカーに接続して利用したい方には

このレコーダーはBluetooth出力を備えているので、手持ちのBluetoothスピーカーに接続して簡単にレコード音源を視聴することができます。

最後に

手ごろな価格でレコード独特のレトロ感や音質を楽しみたい人には「AT-PL300」は良い機種じゃないかなと思います。

余談ですがレコードを聴きながらコーヒーを飲むと、コーヒーがおいしくなったような気がします。 ← 完全にプラシーボ効果ってやつかな(;´・ω・)

※AT-PL300は生産終了となっているので、今なら新商品である「AT-LP60X DGM」を購入されるほうが不具合とか修理面を考えるとお勧めです。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました