FireTV Stick 4k MAXと4Kの外観や性能による動作の違いを比較【その他購入レビューもあります】

予約購入していたFireTV Stick 4K MAXが到着したので、早速FireTV Stick 4Kとの比較を交えつつレビューをしていきたいと思います。

新登場 Fire TV Stick 4K Max - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー
Amazon
4KテレビにパワフルなFire TV ー 従来のFire TV Stick 4Kよりも40%パワフルでより早いアプリ起動と滑らかな操作を実現します。

FireTV Stick 4K MAXの外観

外観は以前とあまり変わっておらず、USBメモリを大きくしたような形をしています。

付属品はアダプタ、説明書、USBケーブル、HDMI延長ケーブル、電池、コントローラーと、これでもかといった具合でついてきます。

この間購入したスマホと比較すると、amazonの製品は価格の割に付属品が至れり尽くせりで付いてくるので、初めて購入する方も本体だけ購入すればOKです。ただし有線接続をしたい場合はLANアダプタを購入する必要があるので、その点だけは注意しましょう。

FireTV Stick 4Kとの外観の違い

本体はFire TV Stick 4K MAXも4Kもサイズはほぼ変わらず

アダプタについてはFireTV Stick 4kに比べるとFireTV Stick 4K MAXはかなり小さくなっています。 

ワット数は両アダプタとも5Wなので、もし失くしたりしたときは流用できそうです。

FireTV stick 4K MAXのリモコンにはprime video/NETFLIX/DAZN/amazon musickにすぐにアクセスできるボタンが追加。またテレビのマークをしたボタンが追加されています。テレビマークのボタンを押すとHULUの24時間ニュースへのアクセスになるようです。(もしカスタマイズできたらまた追記します。)

FireTV Stick 4K MAXとFireTV 4Kの起動時&動作の性能比較

電源を入れてから画面がつくまでの比較ではFireTV Stick 4K MAXが20秒程度なのに対し、FireTV Stick 4Kでは35秒でした。FireTV Stick 4K MAXの方が1.75倍程度起動が早いということになります。

動画を見ていただけるとお分かりになるように、スクロールについてもFireTV 4K MAXの方がひっかかりがなくスクロールすることができております。

読み込みについても4K MAXは1秒程度で読み込むのに対し、4Kの方は2~3秒読み込むのに時間がかかっておりました。この違いは4KMAXがwi-fi6に対応したことで、無線による通信環境が向上したためだと思われます。

FireTV Stick 4K MAXでもUSB機器の利用が可能なのか実験

毎回使えていたので特に記事にはしていなかったのですが、久々にUSBが使えるか若干機器を入れ替えてOTGケーブルを使って実験してみました。結果は問題なく利用できましたので、利用していた方がいればご安心ください。

 

画像を見ていただくと、USBハブの部分がちゃんと青く光って通電しているのがお分かりになると思います。

今回Fire TV Stick 4K MAXで利用できたUSB機器

anker ウルトラスリムポートハブ(USBハブ)

Easy-Cable(OTGケーブル)

M185(ワイヤレスマウス)

LUA3-U2-ATX

接続などの詳しい記事はコチラでしておりますので、興味ある方はご覧ください。

 

新登場 Fire TV Stick 4K Max - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー
Amazon
4KテレビにパワフルなFire TV ー 従来のFire TV Stick 4Kよりも40%パワフルでより早いアプリ起動と滑らかな操作を実現します。
Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属 | ストリーミングメディアプレーヤー
Amazon
Amazon Fire TVシリーズ史上もっともパワフルなStick、人気のFire TV Stick(第2世代)より80%以上もパワフル
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました