台南の【インワンホテル】に泊まったら、安いのにほっこりできた

今回台南での宿泊場所として、「インワンホテル」というお手ごろ価格のホテルを予約しておりました。

 

「インワンホテル」は台南駅から大体1kmぐらいの距離にあり、早い人なら10分ぐらいで到着できるアクセスし易い場所にあります。

自分はというと台南に夜に到着し真っ暗だったこともあって、大通りから小路地に入る場所を行き過ぎてしまい、ホテル周辺をぐるぐるしていた為20分ぐらいかかってしまいました。。。(明るければ全然迷うような場所ではなかったです。)

 

もし忠義路2段から入る場合は、店門口という看板を目安に道を探していくと簡単だと思います。(下図)

看板を見つけたらその横にある小路を奥に進んで行って、突き当りを右に曲がれば「インワンホテル」がすぐ見えてきます。

外観はこじゃれた感じでした。(写真奥の方に自転車が並んでいますが無料で貸出してくれるとのこと、ちなみに傘も貸してもらえました。)

 

ロビーは写真を撮り忘れてしまったのですが、簡素だけど綺麗で良かったです。フロントの正面にある階段には猫の装飾(シールかな?)がしてありました。

フロントの方は英語が苦手なようだったので、片言の中国語でチェックインの手続きをしました。片言で通じるかドキドキしながら話していたのですが、嫌な顔せず対応してくれたので一安心(感謝感謝)

 

チェックインが終わったらすぐにカギをもらいエレベーターで3階(だったと思う)へ。廊下の天井は少し斜めに装飾されていたと思うので、背の高い方は頭をぶつけないようにご注意を。

ちなみにカギはカードタイプではなく普通の鍵でした。


SPONSORED LINK

ドアを開けて部屋に入ると左手にベッド、

右手にトイレ&シャワールームといった配置。(シャワーとバスタブがあったのに映し忘れた。。。)

バスにはタオル2枚、バスタオル2枚、バスマット1枚が左上の方に置いてありました。

 

フロントと同じく部屋もバスも清掃が行き届いており、価格と場所を考えれば個人的には大満足。

 

ちなみにアメニティーはこんな感じでした

歯ブラシ、シャンプー、ボディーソープ、石鹸がありました。

 

荷物を下ろし一通り部屋をチェックした後周辺を軽くぶらぶらしたかったのですが、ホテルに到着したのが遅かった為コンビニ以外の飲食店は閉店していたので、仕方なくコンビニ飯を買って帰り、その日は部屋で晩飯を食べて就寝しました。

 

朝食は朝7時からと聞いていたので、7時過ぎて一番乗りでフロント横にある食事できる場所へ。

 

豪華ではないものの宿の価格帯にしてはそこそこ食べ物の種類があったので驚きました。

↑の右側にある芋の入ったおかゆが優しい味でとても気に入りました。

 

朝食後はほぼ外出していてチェックアウトまで部屋に戻ることはあまりなかったのですが、部屋も食事もフロントの方の対応も良かったので、また台南に来る際は利用させていただこうと思います。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました