Blog

SPONSORED LINK

FireTV Stick 4K購入レビュー | FireTV Stick/FireTV(2nd)と比較してみて、改良された点をレポート

投稿日:

FireTV Stick 4Kが12月12日発売となりました。

予約購入していたFireTV Stick 4Kが到着したので早速FireTV Stick/Fire TV(2nd)との比較を交えつつ使用してみての感想を今回はレポートをしていきたいと思います。

まずはスペック(仕様)比較表

 

 

デバイス名

FireTV Stick 4K

FireTV Stick

FireTV(2nd)

 

サイズ 99 mm x 30 mm x14 mm 85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm 65.0 mm x 65.0 mm x 15.0 mm
CPU クアッドコア 1.7GHz クアッドコア 1.3 GHz クアッドコア 1.5GH
GPU IMG GE8300 Mali450 MP4 Mali450 MP3
オーディオ Dolby Atmos、 7.1ch サラウンド対応、 2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルー Dolby Audio、5.1chサラウンド対応、2chステレオ、最大7.1chのHDMIオーディオパススルー Dolby Atmos、Dolby Digital Plus、Dolby Digital対応
Wi-Fi ュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO): 802.11a/b/g/n/ac対応 デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO); 802.11a/b/g/n/ac対応。5GHz帯はW52の36, 40, 44, 48の4チャンネルにのみ対応 デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO); 802.11a/b/g/n/ac対応。5GHz帯はW52の36, 40, 44, 48の4チャンネルにのみ対応
クラウドストレージ Amazonのコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
4K対応 ×
出力 2160p、1080p、720p、最大60fps 720p、1080p、最大60fps 2160p、1080p、720p、最大60fps
フォーマット ビデオ: Dolby Vision、HDR-10、HLG、H.265、H.264、VP9

オーディオ: AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis、Dolby Atmos(EC3_JOC)

写真: JPEG、PNG、GIF、BMP

ビデオ: H.264 1080p30 H.265 1080p30

オーディオ: AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis

写真: JPEG、PNG、GIF、BMP

ビデオ: HDR-10. H.265, H.264

オーディオ: AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis, Dolby Atmos (EC3_JOC)

写真: JPEG、PNG、GIF、BMP

Bluetooth Bluetooth 4.2/5.0 BLE Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.2 + LE
保証 1年間限定保証 90日間限定保証 1年間限定保証
付属品 Fire TV Stick 4K、Alexa対応音声認識リモコン、USBケーブル、HDMI延長ケーブル、電源アダプタ、単4電池2本 Fire TV Stick、音声認識リモコン、USBケーブル 電源アダプタ、HDMI延長ケーブル、単4電池2本 Fire TV、音声認識リモコン、USBケーブル、電源アダプタ、単4電池2本

FireTV Stick 4Kの付属品

・HDMI延長ケーブル

・USBアダプタ

・電源ケーブル

・FireTV Stick 4K本体

・Alexa対応リモコン

FireTV Stick 4Kの改良点

FireTV Stickとほぼ同じ大きさなのに性能大幅アップ

FireTV Stickと同じぐらいの大きさなのに、 4K再生が可能になりました。

音声に関してもDolby Atmosに対応したので、対応作品であれば7.1chの迫力あるサウンドを楽しむことができます。(スピーカーが別途必要です)

FireTV(2nd)との違いは?

FireTV(2nd)も4K(HDR)やDolbyAtmosに対応しておりますが、

FireTV Stick 4Kでは更にパワーアップしDolby Vision・HLGに対応。

作品がDolby VisionもしくはHLGに対応していれば、FireTV(2nd)を使用することでより鮮明な映像を視聴することが可能です。

 

※テレビ側も対応している必要あり。

ボタンの追加でリモコンの使いやすさが向上

外観はほぼ似たていますが、FireTV Stick 4Kのリモコンにはボリュームボタン・ミュートボタン・電源ボタンが追加されリモコンひとつでほぼ操作を完結させることができるようになりました。

 

更にAlexaが使えるようになったのもGood!!

「アレクサ、10分早送りしてして」みたいに言えば、ちまちまリモコンで操作することなく指定した時間まで一気に早送り/巻き戻しをしてくれます。

特に動画を見ている時にほんの数秒巻き戻したり早送りしたいときが結構あったりするので個人的にはかなり便利だと感じました。

リモコン裏面も地味に改良

FireTV Stickでは裏面全部外すタイプだったので少し取り外しが難しかったのですが、FireTV Stick 4Kでは途中から押して外すような形に変更され、蓋の取り外しが楽になっているように感じました。

Bluetooth5.0に対応

Bluetooth5.0に対応したことで、広範囲の通信を低消費電力で行えるようになっております。

FireTV Stick 4Kの心配な点

CPU性能が上がり4Kが再生できるようになったことは良かったのですが、熱も持ち易くなっている可能性があるのでFireTV Stickのような熱問題が起きないかどうかが少し心配。(FireTV Stickのレビューでも放熱が上手くいかず再起動したり何かしら変な症状が出る人もいたらしいので)

FireTV Stick 4Kの比較作業をしていてその他分かったこと

FireTV Stick 4KでもUSB機器が使えました

ベースが同じだけあって使えるとは思ってはいましたが、テストしてみた結果問題なくUSB機器をFireTV Stick 4Kでも使用することができました。

 

詳しくはコチラに書いているのでよろしければご覧ください。

FireTV(2nd)でもAlexa機能が使えるようになっています

FireTV Stick 4Kに比べると物理リモコンは使い勝手が劣りますが、FireTV(2nd)もアレクサに対応したことで利便性がかなり向上しております。

※FireTV Stickはまだ確認しておりません。

結局FireTV Stick 4KとFireTV Stickどちらがおススメ?

以前はFireTVシリーズがいろいろあったのでどれを買うか個人的にも迷いましたが、現在は2機種に絞られ価格差もほとんどなくなったので

4Kテレビを所持している方 →  Fire TV Stick 4K

4Kテレビを所持していない方 → Fire TV Stick

と単純に選択すればいいかなと思います。

まとめ

〇4K(HLG、DolbyVision)、DolbyAtomos対応した

〇Alexa機能搭載リモコンが使いやすい

〇FireTV(2nd)より価格も下がり購入しやすくなった

×FireTV(2nd)の方が操作しているとき若干快適な気がする

 

 


SPONSORED LINK

-Blog
-, ,

執筆者:

関連記事

【レコードプレーヤー AT-PL300BK】を購入したのでレビューしてみました

家で眠っていたレコードがあったので、聴いてみたいと思い最近レコードプレーヤーを探していました。   購入条件は「1万円前後・フォノイコライザー付き・音質がそこそこいい・ダストカバー・オート再 …

Bittrexのアカウントがやっとアップグレードされました

仮想通貨の海外取引所であるBittrexの口座を開設しアップグレードに失敗してしまってから、ようやく”Enhanced”へのアップグレード承認メールが来ました(^^)/ 大分解 …

【楽天マガジン】を契約したら安くて使い易かった

以前から楽天マガジンが安くて取扱い雑誌数も多いので気になっていたので、思い切ってdマガジンから乗り換えてみました。意外に使い易かったので今回はdマガジンとの比較を交えつつ、楽天マガジンについて紹介して …

最近喉の痛みが続いていたので、体調改善の為に国産の蜂蜜を購入してみました

耳鼻科に通院しても喉の痛みがなかなか改善しなかったので、民間療法として有名な蜂蜜を食事の中に積極的に取り入れてみようと思い、国産の蜂蜜を購入してみました。 目次1 購入した蜂蜜2 食べ方3 結果 購入 …

映画【SING】を見ての感想や歌の比較をしてみました ※ネタバレなし

amazonで映画「SING」をキャンペーンで安くレンタルできたので、鑑賞してみました。今回はその見どころや歌に関する個人的な感想などを記載していきます。   目次1 「SING」とは2 お …

アドセンス

SPONSORED LINK

wpp記事タイトル


最近よく読まれている記事

raku

error: Content is protected !!