【抜群のコスパ】Fire TV (Stick)と格安プロジェクタを使って大画面で映画鑑賞

プロジェクタもお手ごろな価格になっており、FireTV(Stick)と組み合わせればコスパ良く大画面で映画を鑑賞できると思い立ったので、今回はメモがてらプロジェクタを選定する時の注意点やコスパのいいプロジェクタ4選をまとめてみました。

プロジェクタ選定時の注意点

1、ルーメン(lm)

ルーメンの数値が高ければ高いほど、スクリーンに明るく投射することができる

ルーメン数値が高い場合のメリット

・ある程度明るい環境でもプロジェクタを使用しての視聴が可能(完全な暗室であれば若干ルーメン数値が低くても大丈夫)

・スクリーンサイズを大きくできる

ルーメン数値が高い場合のデメリット

・ルーメンの数値が上がるほど価格が高くなる傾向があり

2、HDMI入力の有無

HDMI端子に接続する必要があるので、HDMI端子がついているものを選ぶ

3、台形補正の有無

投影した時のゆがみを補正する機能

※安い機種だと補正機能がついていても、機能があまり優れていない点を考慮する必要があり

4、解像度

入力は1080PのフルHDに対応している製品が最近は多い。

ただし入力がフルHDに対応していてもフルHDで投射されるというわけではないので、実際に投射される解像度を知りたい場合はネイティブ解像度という部分をチェックする必要あり

5、コントラスト比

映像の明暗をはっきりとさせたい場合はコントラスト比が高いものを選ぶ必要がある

予算2万円以内でおススメのプロジェクター4選

1万円未満

DR.J 小型プロジェクター

○同価格帯に比べてルーメン数値(2800lm)が高いので明るく投写できる

〇コントラスト比が2000:1なので同価格帯の製品と比べると映像がくっきりしている

×ネイティブ解像度(800×480)が低い為、投射距離によってはボケが気になる可能性あり

×HDMIアダプタが付属していないのでスマホを接続するには別途アダプタが必要

Jinhoo データプロジェクター

〇wifiを使ってワイヤレス接続できるのでスマホを操作しながら投影可能

○価格の割にコントラスト比(2000:1)が高い

×DR.Jの機種と比較すると少しルーメン数値が低い

×ネイティブ解像度(800×480)が低い為、投射距離によってはボケが気になる可能性あり

1万円台前半

○ネイティブ解像度が1280×800に対応している

○コントラスト比(2000:1)

○明るさが4000ルーメンあるので1万円未満の製品と比較すると1.3倍程度明るく投写することができる

×コントラスト比(2000:1)が1万円未満の製品と同程度しかない

×コンセントが3口なので2口に変換するアダプタが必要

1万円台後半

○4200ルーメンのLEDランプで投影できるので視聴環境が真っ暗でなくてもそれなりに視聴可能

○コントラスト比(3000:1)と同価格帯では頭ひとつ抜けている

○解像度がハーフHD(1280×800)に対応している

×他に比べると価格が高い

他に必要なものは?

・三脚もしくは設置棚

・スクリーン(投影できる壁があれば必要なし)

テレビを視聴したい場合

FireTVを使ってテレビを視聴したい場合は、ライブ配信や録画配信のできる機器(ナスネやレコーダー等)を所持していれば、DiXiM Playのようなアプリを使うことで視聴できます。

※一部の機器ではアプリが対応していない場合があります。

 

I-O DATAのレコーダーを所持している方は下記記事に記載している方法でも利用できます。

IO-DATAの地デジ/BS/CSレコーダー【REC-ON(HVTR-BCTX3)】の購入レビュー 使い心地や長所・短所をご紹介
REC-ON(HVTR-BCTX3)を購入したので、今回はその詳細や使用してみての感想を記載していこうと思います。 REC-ON(HVTR-BCTX3)とは IO-DATAが発売しているテレビチューナー。 ...

最後に

FireTV(Stick)を利用することを前提に記載してきましたが、「FireTV(Stick)って何?」という方がいらっしゃいましたら、サイト内記事で紹介しておりますのでよろしければ参考にしてみて下さい。

FireTV Stickの使用感を速攻レポート 2KでVODを楽しむには最高のSTBです
amazonでFire TV Stick(2nd)を購入したので、使ってみてのレビューを早速行っていきたいと思います。 Fire Stick TVとは Amazonビデオ、Hulu、Netflix、YouTube、AbemaTV...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました