不眠症改善に効果的な8つの方法

スマホやSNS(twitter、facebook、lineなど)の発達により夜遅く寝たり、ブルーライトの影響で不眠になる方が増えているといわれています。

そういう自分も結構夜眠れないことが最近多いので、そんなときにどうすれば眠りにつき易くなるか今回調べてみました。

これから簡単な8つの方法を紹介するので、眠りの浅い方や不眠症の方は是非参考にしてみてください。

1、マグネシウムとカルシウムを摂取する

マグネシウムとカルシウムを摂取することで、睡眠への手助けをしてくれる効果が期待できます。同時に摂取することで効果を更に高めてくれるとともに、カルシウムを単体で摂取することで引き起こされる可能性がある心臓や血管に関する問題も軽減してくれます。

2、ワイルドレタスを摂取する

不眠症の原因が神経過敏や頭痛、筋肉や関節の痛みによる場合は、ワイルドレタスを摂取するといいかもしれません。ワイルドレタスにはいらいらや神経過敏、足の痛みなど和らげてくれる成分が含まれており、睡眠の質の改善に役立ちます。

3、お風呂に入る

寝る2時間前ぐらいにお風呂に入ることは不眠改善にとても効果があります。お風呂に入ることで体の疲れや自律神経の緊張を和らげることができ、眠りにつき易い状態に体を持っていくことができます。

お風呂の中にカモミール、ローズマリー、ラベンダーのアロマオイルを数滴加えると更に効果的です。

4、りんご酢に蜂蜜を入れて飲む

リンゴ酢には疲れを軽減させてくれるアミノ酸が豊富に含まれております。

蜂蜜にはインシュリンを上げ、セロトニンのレベルを正常にしてくれる効果があり睡眠を促進してくれます。

セロトニンのレベルが低いと睡眠の質が低下する原因となる為、いい睡眠をとるためにはセロトニンのレベルを中程度まで上げる必要があります。

5、カモミールティーを飲む

カモミールティーは歴史的に鎮静剤の代わりとして用いられてきました。効果の証明は実際にはっきりとされてはおりませんが、カモミールに含まれるアピゲニンという成分が沈静作用をもたらしてくれると言われております。

カモミールティーにシナモンや蜂蜜を入れるのも効果的です。

6、バナナを食べる

バナナにはセロトニンのレベルを上げてくれるトリプトファンというアミノ酸が含まれています。更にミネラル、鉄、カリウム、カルシウムも含まれているためバナナを食べることで睡眠の質を改善してくれます。

7、クミンを料理に使う

クミンは調理によく使われる香辛料で古くからアーユルヴェーダの中でもよく利用されております。

クミンにも同様に鎮静作用の成分が含まれているので、摂取することで睡眠の質を上げてくれる効果があります。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました