mineoのパケット放題PLUSは遅い?実際に利用してみた感想や活用法をご紹介

この記事は

● mineoパケット放題PLUSの料金と特徴

● mineoパケット放題PLUSの使い方の説明

● mineoパケット放題PLUSの速度や使用感のレビュー

● mineoパケット放題PLUSを利用したテザリングの可否やホームネット化する方法

について記載しております。

mineoパケット放題PLUSの料金と特徴

月額料金+パケット放題PLUSを合計した月額費用

通信容量デュアルタイプ(通話SIM)シングルタイプ(データ通信)
1G1,683円1,265円
5G1,903円1,650円
10G1,958円1,705円
20G2,178円1,925円

・上記の料金は月額の利用料金にパケット放題PLUSのオプション代(月額385円)を合計した費用です。

・10G以上のプランを契約された場合はパケット放題PLUSのオプション代が無料になります。

mineoのパケット放題PLUSの特徴をメリットとデメリットに分けて説明

mineoのパケット放題PLUSの特徴をメリット・デメリットに分けて説明しております。

mineoのパケット放題PLUSのメリット

● mineoスイッチONで最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題になる

mineoスイッチON(低速モード)すると通常は200kbpsの通信速度ですが、パケット放題PLUSに加入すると1.5Mbps(7.5倍高速)で通信することができます

● 対象サービスに制限がない

格安SIMの通信し放題は対象サービスが限定されていることが多いですが、mineoのパケット放題PLUSは対象サービスが限定されていません

● mineoを契約している方ならオプションとして誰でも利用可能(エココース・プリペイドパックは除く)

mineoのパケット放題PLUSは容量やSIMのタイプに関係なくオプションとして利用できるので、余分なサービスを契約する必要はありません(費用を最小限に抑えられる)

mineoのパケット放題PLUSのデメリット

● 直近3日間で10Gの通信制限あり

直近3日間で10GB以上の利用した場合、超過日翌日の通信速度が最大200kbpsに制限されることがあるので、毎日4G以上通信するような方は要注意です!

速度制限に引っ掛かってしまったら、速度制限が解除されるまでは高速モード(mineoスイッチオフ)に切り替えても通信速度は200kbpsになってしまう点には要注意です!
詳細の確認はmineo公式サイトへ

mineoのパケット放題PLUSの利用方法は超簡単!使い方を説明

パケット放題PLUSを利用するには、mineoスイッチをオンにする必要があります。

パソコン、スマホどちらからでもオンにすることは可能ですが、スマホにアプリをインストールして利用するほうが利便性がいいので、ここではアプリからmineoスイッチを切り替える方法を説明しております。

 

1、mineoアプリをインストール

➡ iOS版

➡ Google Play版

 

2、mineoアプリにログイン後、「mineoスイッチの節約OFF→節約ON」へ

以上で終了です。高速データ通信を利用したい場合は、同じように「mineoスイッチの節約ON→OFF」に切り替えて下さい。

mineoのパケット放題PLUSは遅い?実際の速度と使用してみてのレビューを記載

mineoのパケット放題PLUSの通信速度の計測と実際に使ってみてのレビューを記載しております。

mineoのパケット放題PLUSの実際の速度を計測

上記の写真は朝、昼、晩と違う時間帯にspeedtestというアプリで通信速度を3回計測した結果です。

mineo公式ではパケット放題PLUSの通信速度は最大1.5Mbpsのデータ通信速度と記載がありましたが、平均的に1.5Mbpsぐらいの通信速度は出ているようでした。

ただし、昼の12時台には回線が混雑しやすいせいか1Mbps以下になることもあったので、オプション加入するならスピードが低下する時間帯もあるということは考慮しておく必要アリです!

mineoのパケット放題を実際に使用してみてのレビュー

● 動画はどのサービスも大体中程度の画質までならストレスなく視聴できたので、スマホの画面で利用する分にはパケット放題PLUSの通信速度は問題ありません。

● 音楽は320kbpsの高音質まで再生できるので必要十分です。

● 画像があまりに多いサイトは一瞬引っ掛かりを感じることもありますが、普通にネットサーフィンをするのには特に不便と感じたことはなく十分実用的な速度だと思いました。

パケット放題PLUSの1.5Mbpsの速度で利用できた動画・音楽の品質の一例
HULU中画質
YouTube720p
amazonプライム標準画質

12時台に通信速度が必要な生活スタイルの場合は、どの格安SIMでも速度が厳しい面があるので、価格も抑えつつ回線速度も確保したい場合は、大手キャリアのサブブランドなど(ahamo、linemo、povo、楽天モバイル)を利用するの方がいいです。

 

【楽天モバイルの解説は下記記事でしております】

➡ 楽天モバイルの料金プランはワンプランで凄くわかりやすい【データ通信使い放題&話し放題】

mineoのパケット放題PLUSはテザリングできるが条件あり

mineoのパケット放題PLUSのテザリングしたときの速度

youtube(480p)を1台で視聴しながらもう一台で通信速度を計測した値

mineoのパケット放題PLUSを利用したテザリングは可能ですが、もともとの通信速度が高速ではない為、通信台数が増えれば増えるほど通信環境がかなり悪くなるという点には注意が必要です。

実際に3台以上でテザリングを利用し、そのうち1台でYoutubeを流した状態でウェブ閲覧するのを試してみたら、動画の読み込み中はあまりに通信速度が遅くてとても満足に使えるとは言いづらい状況でした。(設定で品質を最低にすればマシになります)

上記のような結果から動画・音楽・ゲームなどの通信量の多いサービスを同時利用する場合は、テザリングを2台までに留めておくことをお勧めします。

パケット放題PLUSの通信制限に引っ掛かからないようする3つの方法

パケット放題PLUSの直近3日間10GB制限にひっかからないようにするための方法を下記で3つ紹介しております。

10Gを超えそうなときは高速通信に切り替える

高速通信モード(mineoスイッチオフ)であれば直近3日間の通信としてカウントされないので、パケット放題PLUSを利用していて直近3日間で10GBを超えそうだと思ったら、高速通信モードに切り替えることで通信制限を回避することができます。 ※月の高速通信容量が残っている場合

「ゆずるね」を利用して通信量を多く消費するものは夜間に通信する

毎朝11時30分までにゆずるね宣言をして、平日の12時~13時までの間に動画や写真の送受信等で数MB以上のデータ通信を利用しなければ条件が達成されたこととなります。ゆずるねを10回達成すると、翌月の23時~7時の間はパケットの消費なく高速通信を利用できるようになります。

パソコンのアップデートや動画など通信量の多いものは、この時間帯(23時~7時)に通信するようにすれば快適に通信を行えますし、3日間10G制限の回避もしやすくなります。 ※ゆずるねを10回達成して夜間の通信データ消費なしになった場合

動画・音楽・ゲームなどを利用するときは品質を下げる

ネット閲覧だけであれば日に3Gも消費することは少ないので、あまり通信制限を気にする必要はないですが、動画・音楽・ゲームをよく利用する場合には注意が必要です。こういったサービスを一日に長時間利用するような方は、予め画質や音質を下げることで通信制限をかなり回避しやすくなるのでお試しください。

mineoのパケット放題PLUSの速度を実際に体験してみたかったらお試しプランがお勧め!お試しコースのメリットや注意点も説明

実際にmineoのパケット放題PLUSの使い心地を体験してみたい方は、通信容量200MBのお試しコースを利用すれば費用を抑えつつ簡単に試すことができます。

お試しコースの期間と費用

申込方法 mineo公式ホームページのみ

お試しコースの期間 最大2カ月

初期費用 990円

月額費用 330円(パケット放題PLUSも試す場合は715円)

mineoお試しコースを契約するメリット

・パケット放題PLUSに加入しても月額費用が715円とmineoのプランでは最安

・初期費用が990円と通常の契約に比べると安い

・mineoのサービスのほとんどを利用できる(プラン変更はできません)

・契約解除料無料

・自分の所持しているスマホでmineoのSIMが問題なく利用できるか確認できる

・高速通信容量をパケットギフトを使って220MB → 6GBまで増やすことができる

mineoお試しコースの注意点

利用期間(最大2カ月)満了後は自動的に1GBコースに移行されるので、不要な場合は解約することを忘れないでください。

・お試しコース期間中は他のタイプやプランは選べない

・エントリーコードが使えない

お試しコースの申し込み ➡ mineo公式サイトへ

パケット放題PLUS & LTEルーターで低価格ホームネット化!お勧めのLTEルータ2選もご紹介

mineoのパケット放題PLUSを利用したホームネット化にはどのような人が向いているか、またどのような機器が必要かについて解説しております。

mineoのパケット放題を利用したホームネットワーク化に必要な機器

・LTEルーター(据え置きタイプ)

・mineoのSIM(パケット放題PLUSの契約必須)

mineoのパケット放題PLUSを利用した低価格ホームネットワーク化に向いている人とは?

mineoのパケット放題PLUSとLTEルータを利用すれば、日に3ギガ程度(月にしたら100G程度)使えるホームネットワーク環境を格安料金で構築することができます。

パケットし放題でホームネットワーク環境を作るのに適している人の条件
● 動画、音楽、ゲームを基本利用しない(使用台数や品質にもよりますが短時間ならOK)
● メールやSNSを主にテキストベースで利用する
● PCのアップデートなど大きい容量のファイルをダウンロードしない
● 高速通信が必要ない
動画・音楽・ゲームをネットに接続して複数人で利用するような家庭環境では通信容量が少ないことや通信速度が遅くなりすぎるので、mineoのパケット放題をホームネットワークとして利用するには向きません。
1~2人暮らしでメール・SNSを使ってテキストベースのやり取りしかしないといった方や、ネットやアプリの利用頻度が高くないといった年配の方には、費用を安くしつつホームネットワーク環境を作れてお勧めの方法なので、良ければ参考にしてみて下さい。

パケット放題PLUSで利用するのにお勧めのLTEルーター2選

mineoのパケット放題PLUSを利用したホームネットワーク環境を構築するのにお勧めのLTEルータを2機種ご紹介しております。家で使うことを前提として紹介しておりますので、モバイルルータは省いております。

AプランもしくはDプランのみ対応

au回線とドコモ回線のプラチナバンドに対応している据え置き型ルーター(nanoSIM対応)

・5GHz帯も使えるので電波干渉に強い

・据え置き型なので内臓バッテリー劣化の心配をしなくていい

・au回線とドコモ回線にバンドが対応していないので、他の回線へ乗り換えをするときは買い替えが必要

Aプラン・Dプラン・Sプランすべて対応

ドコモ、AU、softbank、楽天モバイルとすべてのキャリアのバンドをカバーしている据え置きルータ(microSIM対応)

・据え置き型なので内臓バッテリー劣化の心配はない

・2.4G帯しかしか利用できないので電波干渉に弱く、住宅が密集している地域ではつながりにくくなることがある

・個体によっては電波が不安定になることがある

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました