【mineo】の契約には3つの申し込み方法がある!初期費用を安くする方法や実際の通信速度をレビュー

通話SIMが追加で2~3カ月程度必要になったので、格安SIMの中でも通信速度について評判が良く更にキャンペーンで月額料金が値下げ中だったmineoを契約してみることにしました。

今回は契約するにあたって申し込み方法の違いやmineoの初期費用を安くする方法など調べて実践しているので、興味ある方はご参考下さい!

 

この記事は

・mineoへの申し込み方法の種類を知りたい

・mineoの初期費用を抑えたい

・設定方法や通信速度を知りたい

という点について説明しております。

mineoには3つの申し込み方法がある!その違いを分かりやすく説明

mineoには3つの申し込み方法があり、開通させるまでの時間が異なります。

1、mineo公式ホームページで申し込み

mineo公式ホームページから申し込む方法です。

従来通りの申し込み方法で、オンラインで申し込みをして審査承認されたら、mineoからSIMカードが発送されます。家で申し込みから利用するまですべて完結させることができるので楽な反面、SIMカード配達されるまでの日数が数日必要となるという点がデメリットです。

2、mineoショップオンラインから申し込み

mineo公式ホームページのmineoショップオンラインから申し込み、申し込みの審査完了後はSIMカードを家近くの提携店舗で受け取る方法です。

オンラインで申込をしてからSIMカードを受け取るまで最短1時間で完了するので、SIMカードを急ぎで必要な方にとっては、とても便利な申し込み方法です。

都市部以外では近隣で受け取れる店舗数が少ないという点がデメリットです。

3、実店舗(販売代理店)での申込

大手携帯会社のように実店舗で申し込みをして、SIMカードを発行してもらう方法です。

審査さえ通ればSIMカードを発行してもらえ、分からない点があれば聞くこともできるので、近くにmineoの販売代理店があれば3つの申し込み方法の中で一番簡単に契約を行うことができます。

デメリットは実店舗が少ない点と、申し込んでから審査が通るまで店舗での待ち時間が発生するという点です。

mineoの初期費用を大幅に抑えてお得に契約する方法

mineoはオンライン・実店店舗ともに割引がない場合は、初期費用として事務契約手数料3,300円とSIM発行手数料の440円の計3,740円が必要となります。

しかしエントリーパッケージを購入して契約すると、事務契約手数料の3,300円が不要となりパッケージ価格が安いときは3,000円程度初期費用を抑えて契約することができるのでお得です

回線が開通するまでに1週間程度余裕がある人は、エントリーパッケージを購入しての契約がお勧めなのでよろしければご利用下さい。

エントリーパッケージの購入先お勧め店舗(ダウンロード版あり) → Amazon

mineoエントリーパッケージの使い方

エントリーパッケージを利用した申し込み方法の説明や注意点を記載しているので、申し込み方法がよくわからない方は参考にしてみて下さい。
1、mineo公式サイトから申し込みをする
2、SIMカードの種類とプランを選択する
・通話SIMが必要な方はデュアルタイプ、データのみのSIMが必要な方はシングルタイプを選択
・使い放題サービスを利用した場合は、パケット放題PLUSのチェックを忘れないようにしてください。
3、オプションを選択する

4、新規登録もしくはeoIDでログインする
・eoIDを持っている方はeoIDでログインし、eoIDを持っていない場合は新規登録をしてください。
5、エントリーコードでお申し込みにチェックを入れ、エントリーパッケージに記載されている16桁のコードを記入する
・エントリーコードの入力は10回ミスするとコードの入力ができなくなるので、間違って入力してないか「次に進む」を押す前にしっかりとチェックすることをお勧めします。
6、契約者情報を入力する
・住所や名前の記入は本人確認の書類に記載されている通りに記入してください。違う場合審査に弾かれるケースがあります。
7、支払い情報を入力する
・支払い情報で入力するカードはできるだけクレジットカードの入力をお勧めします。(プリペイドカード、デビットカードだと申請却下になる可能性が高まります。)
8、最終確認をして問題なければ申し込みを確定する
・データSIMだとこれで終了です。通話SIMを申し込んだ場合は、最終確認前に本人確認をする作業が必要となりますので、手順に従って本人確認を済ませて下さい。

実際にmineoで申し込んでから開通までの日数はどのくらいかかったか?

初期費用を抑えるために、まずmineoのエントリーパッケージを購入して、その後mineoの公式で申し込みをしました。

mineoで申し込んでSIMが到着するまで4日だったのですが、Amazonから購入したエントリーパッケージが届くのに1日かかっているので、それも含めると開通させるまで計5日かかっております。

現在はAmazonでエントリーパッケージのダウンロード版が販売されているので即日入手可能です。その為、申し込み審査さえ早く通れば3~4日で開通させることができます。

mineo

mineoのSIMのネットワーク設定方法

1、SIMカードを切り取り線に合わせてパキっととります

2、スマホのsimスロットを抜き出します

3、simスロットにsimカードを入れて、スマホに挿し込みます

4、ネットワーク設定を行います(Nexus7の場合)

①設定

②無線とネットワークにある「もっと見る」を選択

③モバイルネットワークを選択

④右上にある「+」を選択

⑤下記の項目を編集する

名前 任意の名前

apn mineo-d.jp

ユーザ名 mineo@k-opti.com

パスワード mineo

認証タイプ CHAP

⑥先ほど設定したネットワーク名を入力

最近のスマホはAPN設定に予めmineoのネットワーク設定が入力されている機種も多いので、mineoの記載がある場合はチェックをいれるだけで設定は終わります。

※iOS、Androidによって設定方法が違うので詳しくはmineo公式の設定方法をご覧ください。

mineoの通信速度実測値と使用感をレビュー

高速通信時

高速通信時にはおよそ20Mbps(混雑していない時間帯に測定)程度速度が出ており、WEBを閲覧したり動画を見るには特に不都合のない速度でした。混雑時間には他社の格安SIMと同じく、通信速度はある程度落ちていたので、契約する際はその点の考慮が必要だと思います。

低速通信時(アプリで高速通信OFFに切り替えた場合)

低速に切り替えての使用でも200kbps程度の速度は出ていたので、ネットラジオ(低音質)を聴いたりメールチェックをするような使い方では特に不便な点は感じなかったので、低速での運用をメインに考えている場合も十分実用範囲だと思います。(動画など見る場合は基本低速運用は難しいです)

最後に

スマホをセットで契約する場合は他の格安SIM会社が価格の面で優位になることもありますが、SIM単体で契約する場合は維持費も安く、通信が他社格安SIMと比べて安定していたように感じました。

また現在ではパケット放題PLUSというオプションサービスが提供されているので、3日間で10GB以上データを利用しない方であれば、データ消費することなく1.5Mbpsの通信速度で通信することが可能です。もし興味持たれた場合はmineo公式ページで詳細をご覧ください。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました