シチュエーション別お勧め格安通話SIM(MVNO)

格安SIMを比較しているサイトは結構あったのですが、いろいろと読まないといけなかったので、自分で契約をする時のメモ代わりとして細かいことやキャンペーンを取っ払って、凄くシンプルにドコモ系列音声SIM契約で各社最安料金を比較してみました。

各社料金プラン詳細

楽天モバイル

月額料金 1250円

最大通信速度 200kbps

最低利用期間 12カ月

違約金 0円(2019年10月1日00:00以降申し込みされた方)

OCNモバイルONE

月額料金 1180円

最大通信速度 788Mbps

データ通信料 1G/月

最低利用期間 6カ月

違約金 1000円

IIJmio

月額料金 1600円

最大通信速度 最大788Mbps

データ通信料 3G/月

最低利用期間 12カ月

違約金 1,000円(2019年10月1日以降にお申し込みの方)

Nifmo

月額料金 1600円

最大通信速度 最大988Mbps

データ通信料 3G/月

最低利用期間 1ヵ月

違約金 月額費用1ヵ月分

mineo

月額料金 1310円

最大通信速度 225Mbps

データ通信料 500MB

最低利用期間 なし

違約金 なし

BIGLOBE

月額料金 1400円

最大通信速度 375Mbps

データ通信料 1G/月

最低利用期間 13カ月

解約金 1,000円(2019年10月1日以降にお申し込みの方)

シチュエーション別に向いている会社をまとめてみた

とにかく安さを追求して自分が契約するならという条件のもと、下記のシチュエーションを決定しております。

主にネット接続はメール(画像添付はたまにします)しか使いません&月額料金は最安がいい

OCN モバイル ONE

1GBと高速通信容量は少ないですが、アプリで低速に切り替えれば文章を中心としたメール・LINEのやり取りにはこのプランでも特に不満は出ません。またネットや動画をたまに見る程度であれば高速通信への切り替えで十分に対応可能です。

MVNO(格安SIM)の使用感をとりあえず試してみたい

→→mineo

MINEOは他の格安SIM会社と違い音声通話プランでも最低利用期間が設定されていないので、通信速度や通話環境を試してみたい場合にはとても便利な会社です。

常時通信をしたい方(データ通信少)

→→楽天モバイル

通信速度は遅いが通信制限がないので、ネットラジオ・ナビ・FXや為替のアプリのように小さなデータの通信を常時行いたいという人に向いています。ただしアプリによっては快適に通信できないかもしれません。

またゲームプレイや動画視聴を考えている場合は、高速通信できない環境だとストレスがMAXになると思われる為お勧めしません。

常時通信をしたい方(動画やゲームをたまに見る人)

→→OCN モバイル ONEmineo BIGLOBE SIM

OCNモバイルONE・mineoは低速通信(200kbps)の際の通信制限がないのでアプリで低速に切り替えておけば、ネットラジオ・ナビ・相場アプリ等の低速通信で快適に使用できるものは無制限で利用できます。

また高速通信に切り替えてやればたまに動画やゲームをするぐらいであれば快適に使用高速通信を行えるので、それぐらいしか大きいデータを使わないという方はこの2社がいいです。

1日に30分ぐらい大容量(ゲームや動画)のデーター通信を行いたい方

→→OCN モバイル ONEIIJmioNifMo

月3Gの通信容量があり一日だいたい100MBぐらい使えるため、動画やゲームを毎日何時間も使わない方には向いている格安SIM会社です。

 

  • この記事はあくまで通話SIM最安料金プランでの比較ですので、電話をたくさんするとかネットやゲームを長時間快適にしたいといった条件の方には向きません。
  • 契約するには各社SIMカードを別途購入しないといけないので、初期金額として3394円(税別)必要となります。
  • 通信制限の項目は各社料金プラン詳細の中で記載しておりませんが、シチュエーションの中には含めて考えております。
  • mineoの解約金はかからないとなっていますが、MNP転出を考えている場合は解約金がかかってくるのでこちらのmineoホームページの説明を参考にしてください→mineo最低利用期間について
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました