iPhone12シリーズの比較から良かった点、期待外れだった点をざっくりとまとめ

Appleの発表会が日本時間の10月14日の2時より行われ待望のiPhone12シリーズが発表されました。

今回はiPhone12シリーズの比較から製品発表を受けて期待外れだった点・よかった点をレビューを交えてこの記事ではまとめております。

iPhone12シリーズの比較

APPLEのiPhone12シリーズの発表会&スペック表を参考にモデルごとの違いやiPhone11との比較をざっくりと行っていきます。

容量

iPhone12、iPhone12miniiPhone12 Pro、iPhone12 Pro Max
64GB
128GB
256GB
128GB
256GB
512GB

iPhone12/miniでは64GB~256GB

iPhone12 Pro/Pro MAXでは128GB~512GB

がラインナップされています。

 

iPhone12 Pro/Pro MAXはAPPLE PRO RAWの形式で保存できることになったので、Proシリーズでカメラにこだわりある方はできるだけ容量の大きいサイズを予め購入されることをお勧めします。

ディスプレイについて

iPhone12 miniiPhone12/iPhone 12 ProiPhone12 Pro Max
5.7インチ

Super Retina XDRディスプレイ
5.4インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,340 x 1,080ピクセル解像度、476ppi
最大輝度625ニト

・6.1インチ

Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi
最大輝度800ニト

・6.7インチ

Super Retina XDRディスプレイ
6.7インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,778 x 1,284ピクセル解像度、458ppi
最大輝度800ニト

解像度&液晶タイプ

ディスプレイサイズは5.7インチ~6.7インチと3種類のディスプレイサイズがラインナップされています。すべてのモデルが有機ELディスプレイ&高解像になったので、iPhone12シリーズは全モデルどれを購入しても液晶については後悔しないでしょう。

 

(iPhone11シリーズではiPhone11 Pro/Pro Maxのディスプレイは高解像度&有機ELで、iPhone11のディスプレイははLCDでiPhone11 Pro/Pro Maxより低解像度でした)

輝度について

どのモデルもディスプレイの明るさは十分だと個人的には思いますが、最大輝度がiPhone12/miniとiPhone12 Pro/Pro Maxで違うので、屋外利用時に少しでもディスプレイは明るくしたいという方はiPhone12 Pro/Pro Maxにするのがいいかと思われます。(明るさMAXで比較したときの話)

メモリ

iPhone12/iPhone12 miniiPhone Pro/iPhone Pro Max
4GB6GB

iPhone12シリーズはまだ発売前ですが、MacRumorsというサイトにおいて

iPhone12/iPhone12 miniは4GB、

iPhone12 Pro/iPhone12 Pro Maxは6GB

になると記載されています。

 

過去数世代のiPhoneも同じようにメモリ容量が特定されているので、かなり確かな情報だと思われます。

背面カメラ

iPhone12/iPhone12 miniiPhone 12 ProiPhone12 Pro MAX
デュアル12MPカメラシステム:超広角、広角カメラ

超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角

広角:ƒ/1.6絞り値

 

2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム

 

 

進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード

 

6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))

 

光学式手ぶれ補正(広角)

 

 

5枚構成のレンズ(超広角)、7枚構成のレンズ(広角)より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ

 

 

パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード(超広角、広角)
Deep Fusion(超広角、広角)
シーン検出に対応するスマートHDR 3

 

写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG

12MPカメラシステム:超広角、広角、望遠カメラ

超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角

広角:ƒ/1.6絞り値

望遠:ƒ/2.0絞り値

2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、4倍の光学ズームレンジ、最大10倍のデジタルズーム

LiDARスキャナを活用したナイトモードポートレート

進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード

 

6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))

 

デュアル光学式手ぶれ補正(広角、望遠)

 

5枚構成のレンズ(超広角)、6枚構成のレンズ(望遠)、7枚構成のレンズ(広角)より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ

 

ノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード(超広角、広角)
Deep Fusion(超広角、広角、望遠
シーン検出に対応するスマートHDR 3
Apple ProRAW

 

写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
写真へのジオタグ添付
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG

12MPカメラシステム:超広角、広角、望遠カメラ

超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角

広角:ƒ/1.6絞り値

望遠:ƒ/2.2絞り値

2.5倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、5倍の光学ズームレンジ
最大12倍のデジタルズーム

LiDARスキャナを活用したナイトモードポートレート

進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード

 

6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))

 

デュアル光学式手ぶれ補正(広角、望遠)、センサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)

5枚構成のレンズ(超広角)、6枚構成のレンズ(望遠)、7枚構成のレンズ(広角)より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ

 

ノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード(超広角、広角)
Deep Fusion(超広角、広角、望遠
シーン検出に対応するスマートHDR 3
Apple ProRAW

 

写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
写真へのジオタグ添付
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG

カメラの数

iPhone12/miniは広角・超広角の2つのカメラを搭載、iPhone 12 Pro/Pro Maxでは広角・超広角・望遠と3つのカメラが搭載されています。

またiPhone12 Pro/Pro MaxはLiDARスキャナを搭載することで、暗所での撮影でも最大6倍オートフォーカスを早くすることができるようになっているようです。

HDR3

逆光時の人物撮影でもHDR3を利用すれば顔の細部までしっかりと撮影することが可能に。また機会学習が撮影の場面を識別することで、写真の特定の部分を更に自然な色合いに調整してくれるとのこと。

広角カメラがグレードアップ

iPhone11シリーズと比較するとiPhone12シリーズは広角カメラが進化しており、レンズ枚数が6枚から7枚、f値が1.8から1.6へと変更されたことにより撮影時に光をより多く取り入れることができるようになっています。

ナイトモードが進化

iPhone12シリーズでは超広角撮影時でもナイトモードを利用できるようになりました。

更にiPhone 12 Pro/Pro Maxのみですが、ナイトモード利用時にポートレイト撮影することが可能となっています。

スポンサーリンク

前面カメラ

iPhone12/iPhone12 miniiPhone Pro/iPhone Pro Max
12MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
アニ文字とミー文字
ナイトモード
Deep Fusion
シーン検出に対応するスマートHDR 3
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
QuickTakeビデオ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード
12MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
アニ文字とミー文字
ナイトモード
Deep Fusion
シーン検出に対応するスマートHDR 3
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
QuickTakeビデオ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード

前面カメラはiPhone12/miniとiPhone Pro/Pro Maxでスペック上の違いはなし。

連続使用時間

iPhone12 miniiPhone12/iPhone 12 ProiPhone12 Pro Max
ビデオ再生:最大15時間

ビデオ再生(ストリーミング):
最大10時間

オーディオ再生:最大50時間

ビデオ再生:最大17時間

ビデオ再生(ストリーミング):
最大11時間

オーディオ再生:最大65時間

ビデオ再生:最大20時間

ビデオ再生(ストリーミング):
最大12時間

オーディオ再生:最大80時間

iPhone12 mini、iPhone12/Pro、iPhone12 Pro Maxの連続使用時間を比較してみると、サイズが大きい順に連続使用時間が長くなっております。

iPhone12のスペックで期待外れだった点と良かった点

事前に噂されていた内容や発表会の内容から、期待外れだった点と良かった点を感想を交えて記載していきます。(まだ情報が少ないのでスペック内容だけで判断しております。)

期待外れだった点

5G対応状況(ミリ波未対応)

発表会中は5Gのミリ波に対応していると言っていたが、ふたを開けると対応しているのは米国だけで日本モデルはSub6にしか対応していなかったことがかなり残念でした。(確かにアメリカでは対応と言っていたような気もするけども、、、)

カメラの画素数変わらず

他社スマートフォンが画素数を上げている中、相変わらずiPhoneは同じ画素数だったについては残念。

画素数が上がる≠写真や動画のクオリティが上がるというわけではないのは分かりますが、画素数アップを望む声も結構あったように思えます。

ん~皆さんはどうなんでしょうか???

指紋認証ボタン追加なし

噂段階では電源ボタンに指紋認証がつくとかなんとか言われていたけど、結果的に指紋認証はなし。

コロナでマスクしている人がほとんどの中、いちいち起動する度にマスクを外したりするというのは面倒だったのでこの機能は是非ともつけて欲しかった。

ということでAppleストアで発売中のiPhoneで指紋認証ディスプレイが欲しい方は、必然的にiPhone SE2という選択肢になっちゃいます。

充電アダプタとイヤホンが付属しなくなった(別売り)

ここは判断が分かれるところではありますが、iPhoneを初めて購入する層の方で充電アダプタとイヤホンを持っていない場合は購入しないといけなくなりました。そういった方には実質本体価格の値上げと等しい状況になりました。

逆にiPhoneを使っていた方にとっては過去の充電アダプタ(USB-Aタイプ)とイヤホンを流用すればいいだけなので、付属品が別売りとなり本体価格がそこまで変わらなかったのは良かった点だと思われます。

※USB-Cの充電ケーブルを利用したい方は別途USB-C対応の充電アダプタの購入が必要となります

良かった点

(良かった点についてはあくまでスペックをまとめてみての感想なので、実際に発売されたら全く違うということもありえるので参考程度に目にとめてください)

メモリの増量???

これは製品発表会の中で発表があったわけでもないのですが、噂ではiPhone12 Pro/Pro Maxではメモリが4G→6Gにアップしてるんじゃないかと言われています。

最近のiOSにアップして以来なぜか再起動することが頻発しており、メモリは若干増やしてほしいなと思ってたので嬉しいです。(メモリ以外の要因の可能性もありますが)

LiDARスキャナが搭載

光量が足りない場面はiPhone11で撮影していても多々あったので、昼夜シーンを選ばず素早く写真が撮れるようになってくれると、時間の節約にもなるし便利になるのでいいと思われます。

価格がそこまで高くなかった

5Gの対応はSub6のといえどApple製品なので、価格が普通に10万越えとかしてくるんじゃないかと若干心配しておりました。しかしとりあえず10万は越えなかったようで少し安心。

ただやっぱりAndroid機に比べると高いっちゃ高いんですが、、、まーしょうがない。(Pixcel5にしようかマジで悩みました。)

 

※わからない点は判明次第、随時記事を更新していきます。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました