iPhone13を比較してみて良かった点、期待外れだった点をざっくりまとめてみた【2021年版】

Appleの発表会が日本時間の9月15日の深夜2時より行われ、最新のiPhoneであるiPhone13の製品発表が行われました。

今回はiPhone13シリーズの比較から製品発表を受けて、期待外れだった点・よかった点をレビューを交えてまとめていきたいと思います。

iPhone13シリーズの比較

APPLEのiPhone13シリーズの発表会&スペック表を参考にモデルごとの違いやiPhone12との比較をざっくりと行っていきます。

容量

iPhone13、iPhone13miniiPhone13 Pro、iPhone13 Pro Max
128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB1TB

iPhone13/miniでは128GB~1TB

iPhone13 Pro/Pro MAXでは128GB~1TB

がラインナップされています。

 

iPhone13 Pro/Pro MAXはAPPLE PRO RAWの形式で保存できるので、Proシリーズ購入予定でカメラの保存形式にこだわりある方はできるだけ容量の大きいサイズを予め購入されることをお勧めします。

iPhone13シリーズのディスプレイ比較

iPhone13 miniiPhone13iPhone13 ProiPhone13 Pro Max
Super Retina XDRディスプレイ
5.4インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,340 x 1,080ピクセル解像度、476ppi
Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi
ProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi
ProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイ
6.7インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,778 x 1,284ピクセル解像度、458ppi

解像度&液晶タイプ

ディスプレイサイズは5.7インチ~6.7インチと3種類のディスプレイサイズがラインナップされています。

iPhone12シリーズに引き続き、iPhone13ではすべてのモデルが有機ELディスプレイ&高解像なので、ディスプレイの美しさといった点ではどのモデルを購入しても十分満足できると思われます。

ただしゲームプレイ時の応答性やタッピング時の更なる快適性を求める場合は、最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートに対応しているiPhone13 Pro/Pro Maxのどちらかを購入されることをお勧めします。

(iPhone11シリーズではiPhone11 Pro/Pro Maxのディスプレイは高解像度&有機ELで、iPhone11のディスプレイははLCDでiPhone11 Pro/Pro Maxより低解像度でした)

輝度について

iPhone13/miniは800ニト、iPhone13Pro/Pro Maxでは1000ニトとディスプレイの最大輝度が違います。

屋外利用時に少しでもディスプレイは明るくしたいという方はiPhone13Pro/Pro Maxにされるほうが若干ではありますが使用感はいいはずです。(明るさMAXで比較したときの話)

メモリ

iPhone13/iPhone13 miniiPhone13 Pro/iPhone13 Pro Max
4GB?6GB?

メモリについてはまだ情報がないようなので、判明し次第更新します。

背面カメラ

iPhone13/iPhone13 miniiPhone 13 Pro/iPhone Pro Max
デュアル12MPカメラシステム:超広角、広角カメラ

超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角

広角:ƒ/1.6絞り値

 

2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム

 

 

 

進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード

 

6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))

 

センサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)

 

 

5枚構成のレンズ(超広角)/7枚構成のレンズ(広角)/True Toneフラッシュとスローシンクロ

 

パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード(超広角、広角)
Deep Fusion(超広角、広角)
シーン検出に対応するスマートHDR4

 

写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG

12MPカメラシステム:超広角、広角、望遠カメラ

超広角:ƒ/1.8絞り値と120°視野角

広角:ƒ/1.5絞り値

望遠:ƒ/2.8絞り値

3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ、最大15倍のデジタルズーム

LiDARスキャナを活用したナイトモードポートレート

 

進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード

 

6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))

 

デュアル光学式手ぶれ補正(広角、望遠)

センサーシフト光学式手振れ補正

 

6枚構成のレンズ(望遠、超広角)/7枚構成のレンズ(広角)/True Toneフラッシュとスローシンクロ

 

ノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード(超広角、広角)
Deep Fusion(超広角、広角、望遠
シーン検出に対応するスマートHDR4
Apple ProRAW

 

写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
写真へのジオタグ添付
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG

カメラに関しての違い

iPhone13/miniは広角・超広角の2つのカメラを搭載、iPhone 13Pro/Pro Maxは広角・超広角・望遠と3つのカメラが搭載されています。

また全モデルで広角撮影時の手振れ補正がセンサーシフト光学式手振れ補正に変更されています。(iPhone12シリーズではPro Maxにのみ採用されていた)

iPhone13Pro/Pro MaxはiPhone12Pro/Pro Maxに引き続きLiDARスキャナを搭載することで、暗所での撮影でオートフォーカスを早く合わせることができるようになっています。

HDR4

HDR4の機会学習能力を利用することで、コントラスト、明るさ、肌のトーンを複数人撮影時でも自動で最適化してくれます。

スポンサーリンク

前面カメラ

iPhone12/iPhone12 miniiPhone Pro/iPhone Pro Max
12MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
アニ文字とミー文字
ナイトモード
Deep Fusion
スマートHDR 4
フォトグラフスタイル
浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
QuickTakeビデオ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード
12MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
アニ文字とミー文字
ナイトモード
Deep Fusion
スマートHDR 4
フォトグラフスタイル
Apple ProRAW
浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)*
1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
QuickTakeビデオ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード

前面カメラはiPhone13 Pro/Pro MaxではフロントカメラでもApplePro RAWでの撮影やProResビデオ撮影が可能になっています。

連続使用時間

iPhone13 miniiPhone13iPhone13 ProiPhone13 Pro Max
ビデオ再生:
最大17時間ビデオ再生(ストリーミング):
最大13時間オーディオ再生:
最大55時間
ビデオ再生:
最大19時間ビデオ再生(ストリーミング):
最大15時間オーディオ再生:
最大75時間
ビデオ再生:
最大22時間ビデオ再生(ストリーミング):
最大20時間オーディオ再生:
最大75時間
ビデオ再生:
最大28時間ビデオ再生(ストリーミング):
最大25時間オーディオ再生:
最大95時間

iPhone12シリーズと比較するとiPhone13全モデルで大幅に利用可能時間が長くなりました。内部構造を見直してバッテリーを大きくしたことがかなり効いている印象です。

iPhone12のスペックで期待外れだった点と良かった点

iPhone13の期待外れだった点と良かった点を感想を交えて記載していきます。(期待外れな点は去年のiPhone12とかなり似通ってしまってます)

期待外れだった点

ミリ波非対応

iPhone13では5Gのミリ波対応してくると思われたのですが、非対応でした。iPhoneでは当分搭載はしないような気がしてきました。

ディスプレイ上での指紋認証機能搭載ならず

iPhone12に引き続き指紋認証の機能はなし。

コロナでマスクしている人がほとんどの中、認証機能ありなしで利便性が大幅にあっぷするのでiPhone13シリーズではなんとかして搭載してもらいたかった。

iPhone12シリーズに引き続き充電アダプタとイヤホンが付属していない(別売り)

iPhone12に引き続き充電アダプタとイヤホンがiPhone13シリーズでも付属していません。ecoの観点からも、もう付属品は最低限でいく路線のようですね。

良かった点

(良かった点はあくまでスペックをまとめてみての感想です。実際に発売されたら全く違うということもあえるので読まれる方は参考程度にお留め下さい)

iPhone13 Pro/Pro Maxのカメラが着実にグレードアップ

超広角カメラでも5枚→6枚構成のレンズになったことに加え、iPhone12Pro/Pro Maxに比べて3つ搭載されているカメラ全てでF値が改良されています。

また望遠レンズも2倍→3倍とより遠くから写真が撮れるようになっていたり、2㎝のマクロ撮影ができたりと地味ではありますが、個人的に凄くグレードアップしているように思えました。

 

※随時更新中

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました