sponsored link

Amazon Echo(エコー)を使ってみて分かったことを早速ザっとまとめてみました【レビュー】

Amazon Echoをやっと購入することが出来たので、今回はそのレビューを記載していこうと思います。

Amazon Echoとは

「アレクサ」と話しかけるだけで、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、アラームのセットなど簡単にしてくれるスピーカー。

ハブ機能を追加すれば(Echo Plusにはついています)アレクサに対応している家電を話しかけるだけで簡単に操作できるようになります。

Amazon Echoの外観

    

箱は青色を基調としたきれいな色でした。

付属品はエコー本体、アダプタ、小さい説明所が入っています。

エコー上部にあるボタンは音量の調整、マイク機能停止、

音声認識の反応具合

「アレクサ」と始めに話しかけて操作をするのですが、基本的なこと(例えばニュースや音楽や天気など)やスキルでインストールした事柄はしっかり認識して応答してくれます。

ただしそれ以外の事柄を気軽に話しかけても、ほとんど応答なしか返答できないと言われることが現状では多いので、スマホの音声アシスタントの方が一歩先を進んでいるかなといった印象です。

面白かったスキル

話しかけるとピカチュウが会話してくれる「ピカチュウトーク」というスキルが面白かったです。

10万ボルトと話しかけるとマンガのシーンをピカチュウがスピーカーで再現してくれます(´▽`)

音質はどうか?

Echoは中高音だけでなく低音も思いのほかしっかりと鳴らしてくれるので、単体で使用しても十分使えるスピーカーだと思います。(ただしあくまでハンディータイプのスピーカとして)

万一スピーカーの音質に満足できない場合でも、AUX端子やBluetooth接続で外部スピーカーに接続することもできるので、音質に関してはそこまで心配しなくてもいいかなと個人的には思います。

どういった場面で活躍するか?

忙しい時や何か用事をしながらニュースや天気をチェックしたり、音楽を聴いたりする場合に使用するには最適なガジェットだと思います。(スマホのように手を使ったり画面を見たりする必要がない) ← まぁそういう用途で使うものなのですが、、、

改善してほしい点

スキルがたくさん使えるのはいいのですが、わざわざ用件の前にスキル名を言わなければいけないのがかなり面倒です。(例えばビットコインの相場を知りたい場合は、「アレクサ」⇒「仮想通貨で」⇒「ビットコインの相場を教えて」といった風にアレクサと用件の間にスキル名を挟まないといけない

できれば用件を話せば勝手にスキルを判断して情報を引っ張ってくるぐらいにしてほしいです。

どのタイプのエコーを買えばいいか?

音楽をほとんど聞かないもしくは外部スピーカーを使用して音楽を聞く人 ⇒ Amazon Echo Dot

スピーカー単体で音楽を聞く人 ⇒ Amazon Echo

アレクサ対応家電を設置して後々家電もスマートスピーカーで操作する予定の人 ⇒ Amazon Echo Plus

最後に

スマートスピーカーとしてはまだまだな部分も正直多いですが、スキルがうまい具合に増えていけば結構いいガジェットになる気がしました。今後の発展がとても楽しみです(^^♪

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました