スマホ・SIM

SPONSORED LINK

【NifMo】で格安SIM生活 ※2018年6月更新版

投稿日:2017-06-12 更新日:

今回は格安SIM会社「NifMo」のご紹介をします。

料金

データ通信 テータ通信SMS付 音声通話(データ+SMS+音声通話)
3ギガプラン
900 1,050 1,600
1,600 1,750 2,300円
13ギガプラン
2,800 2,950 3,500円

特徴

余ったパケットの繰り越しができる

翌月に余ったパケットの繰り越しができる

繰り越しできる最大データ量は契約しているデータ量に準じます

例 通信料3GBプラン契約している場合 最大繰り越しデータ量3GB

バースト転送機能有

通信速度制限がかかっても、通信開始後一定容量(150KB)まで高速通信が利用できる

ファミリーまとめてボーナス

「ファミリープラン」を申込し尚且つNifMoの回線を2契約以上まとめている場合、人数×0.5のデータが毎月1日に付与されます。

例えば4人で契約している場合、一人づつに0.5GBの計2GBのデータが付与されます。

パケットを分け合える

シェアプランを利用すれば、最大7人でパケットを分け合えます

Nifmoで現在実施中のキャンペーン ※更新日時現在

スマホセット契約で最大21,000円キャッシュバック【2018年6月1日~2018年6月30日】

データ通信専用タイプ/SMS対応タイプ 音声通話対応タイプ
3GBプラン 12,100円 15,100円
7GBプラン 12,100円 20,100円
13GBプラン 12,100円 20,100円

条件

1、上記3GB、7GB、13GBプランのいずれかをキャンペーン期間中に契約する

2、機器到着月を含む6カ月目までに解除またはデータ通信プランをご契約時より容量の少ないプランに変更しなかった場合

3、 キャッシュバックの振り込み(SIMカード到着月を含む9カ月目)が完了するまでに@niftyを解約しなかった場合

4、決済方法、受取口座情報に不備がないこと

NifMoで始めよう!初夏の応援キャンペーンで最大15,100円キャッシュバック【2018年6月1日~2018年6月30日】

データ通信専用タイプ/SMS対応タイプ 音声通話対応タイプ
3GBプラン 3,100円 5,100円
7GBプラン 3,100円 10,100円
13GBプラン 3,100円 15,100円

条件

1、上記3GB、7GB、13GBプランのいずれかをキャンペーン期間中に契約する

2、機器到着月を含む6カ月目までに解除またはデータ通信プランをご契約時より容量の少ないプランに変更しなかった場合

3、 キャッシュバックの振り込み(SIMカード到着月を含む9カ月目)が完了するまでに@niftyを解約しなかった場合

4、決済方法、受取口座情報に不備がないこと

 

※上記キャンペーンは当サイト下部にある公式サイトへのリンクからお申込みされた方が対象となります。

対象の方は更に月額料金がお安く

・対象となる@niftyの接続サービスをご利用中の方は、NifMo基本料金から月額200円(税抜)が割り引きされます

デメリット・メリット

デメリット

高速通信⇔低速通信を切り替えることができない

通信速度の切り替えができないため、常に高速通信を使用することになる

1日あたりに使用できるデータ通信料に制限がある

1日あたりの通信量基準
3GBプラン:650MB /1日
7GBプラン:1,500MB /1日
13GBプラン:2,800MB /1日

1日あたりの通信料が上記の通信量を上回った場合翌日まで通信速度が制限される

メリット

NifMo半額ダイヤル(専用アプリから発信またはプレフィックス番号を付けて発信)を使えば通話料が半額に

・国内通話料:30秒10円 ※通常通話は30秒20円

BBモバイルポイントが使える

My NifMo/NifMo コネクトアプリを使用すれば、無料でBBモバイルポイントに接続することができので外出先でのパケット通信を節約することが出来る

通信速度が安定している(投稿時)

比較的通信速度が安定しているので、混雑時間帯(ランチタイム等)を除けばそれほど通信速度が落ちることはありません

セット購入する端末お勧めBEST3

1、ASUS ZenFone 5Q

・フロントカメラに2,000万画素カメラ+800万画素広角カメラを搭載しているので、画面を見ながら良い写真を撮ることができるので、インスタやSNS投稿をよくする方にはおススメ

2、Huawei nova lite2

・中スペック、ダブルカメラレンズ(背面)搭載のスマホ。低価格にも関わらず使いやすいので、高性能なスマホをお求めでない方には一押しです

3、HUAWEI Mate 10 Pro

・Leicaダブルレンズ、有機EL液晶、指紋認証搭載された機種で断トツのスペック。価格が高い点を除けばほぼ満足できる機種です。

(個人的には背面がガラスだということが若干残念)

まとめ

1日の通信制限が気にならない方であれば、通信速度は安定しているので特に不満なく使用できます。更にキャンペーンをうまく利用すれば最新の端末もかなりお安く購入できるので、端末と同時にSIM会社を変更しようと考えている方にはNifMoはうってつけのSIM会社です。

 

 

 


SPONSORED LINK

-スマホ・SIM
-

執筆者:

関連記事

iPhone7 Plus、iPhone8 Plus、iPhoneXを分かり易く比較してみました

9/12日(現地時間)に行われたAppleの発表会で新型iPhoneの詳細が公表されたので、今回はiPhone7 Plus、iPhone8 Plus、iPhoneXの比較を見易いようにまとめてみたいと …

【ZenFone4シリーズ】早くも日本で発売決定!価格や発売日をご紹介します

ZenFone 4(ZE554KL)、ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)、ZenFone 4 Pro(ZS551KL)の発売日が本日9/15日に発表されました。   …

Huawei Nova lite2を購入したので、Nova liteとの比較やレビューをしてみました

NifMoのスマホセット契約でNova lite2を購入したので、今回は使用していたNova liteとの比較を交えながらレビューを記載していきます。    CHOBINFOHua …

【ZenFone4 】を発表会前に公式で情報をリーク

8/17日のASUS発表会前に「ZenFone4」、「ZenFone4 selfie」を、ASUSの公式ショップに誤って掲載してしまったようです。   ということで、今回は掲載されていた一部 …

ファーウェイ(Huawei)のnova liteを使ってみた【購入レビュー】

以前記事内で紹介したようにBiglobe SIMが現在キャンペーン中で通信費を除くと nova lite本体が約13000円で買えるので、今回端末セットでnova liteを購入してみました(^^) …

アドセンス

SPONSORED LINK

wpp記事タイトル


最近よく読まれている記事
error: Content is protected !!